専業主婦って暇じゃないよ

私は結婚して、しばらく兼業主婦として、仕事に出て、家事もしてという日々を送っていましたが、主人の転勤をきっかけに、専業主婦になりました。

 

専業主婦のイメージは、時間もあって、お金もあって、楽でいいねというイメージがあります。実際に、私も、時間もあって、子供の居ない間は自由な時間だし気軽でいいな。なんて言われたりもします。

 

確かに、兼業主婦の方に比べれば、家の仕事に集中していれば良いだけなので、時間にも余裕はあるかもしれません。ですが、決して楽ではありません。

 

会社にも行き、家の仕事もしてという方から見れば、お気軽に見えるのかもしれませんが、実は、「暇なんでしょ」という言葉が一番辛いです。専業主婦になって、いろんなところで節約をしたり、時に我慢をしたり、自分には自由に使えるお金もない訳ですから、何かを買うにも、主人に聞いてからでないと買えません。

 

仕事をしていない分の肩身の狭さを感じていたりしています。

 

だったら、仕事に行けば?と言われますけど、面接に行けば「子供が熱を出した時に見てもらえる人はいますか?」という質問に、「はい」と答えられる人はいいのですが、私は実家も遠く、主人の実家も離れているので、「はい」とは答えられず、パートといえ、難しいのが現状です。

 

兼業主婦の方が、将来的への蓄えも出来るので将来のためにも、働きに出たい気持ちもありますが・・・中々うまく行動に写せません。

 

いつか社会復帰したいと思えど、時間の経過と共に、復帰することが怖くなってしまって。中々一歩も踏み込めず、自分の出来る事で少しでも生活を楽にしたいと考える日々です。

 

専業主婦はお気軽に見えるのかもしれませんな、いろんな場面で葛藤している人も多いものです。